スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おおやっと書けた・・

 

先週土曜日に 劇団うたかた月夜の
メイン公演がありました

その中で私が演じさせてもらったのは
戦地から故郷の彼女に手紙を送っている彼の「戦友」
という役です


前回の公演「Feather Cross」で私は
主人公の1人 「男騎士」を演じさせていただきました

私はだいたい アツく叫べるキャラが好きなので
初期台本を読んでから即 男騎士やりたいと
団長にお願いしていました

今回も 戦友役として出してもらいたいとお願いして
それを通してもらうことができたのです

・・思えば最近 わがままばっかり言ってる気がする
少し自重した方がいいかもしれない


私が頂いたこの「戦友」
戦友という時点で脇役決定なイメージですが
本作において どう考えても主人公であるはずの
「彼」と「彼女」を食ってます

出番も非常に多く そんな意味で私にとっては
最高の役だと思っていたのですが
台本を読み返すほど 練習をこなすほど
戦友への感情移入がすごいことになってました

台本見ては目頭が熱くなり
練習で戦友が苦悩するシーンで妙に気合いが入って
公演終わってから受け取ったリプレイファイルで
第三者目線で観劇してると戦友に涙しました


今でも思います
演じたせいもありますが
この戦友かなり好きです私

台本の通りに読めば それで問題ないのですが
自分なりに 悩んでる戦友を表現してみたくて
すごい無意味で細かい改変をしてたりしました


たとえばここ
個人的に名場面だと思っています






彼が戦死したことをまだ知らない彼女が
彼宛に送った手紙
それを読んでしまった戦友の1シーンです


本来の台本は こう

フィージェ:・・・ライカさん・・・奴は・・・、ギルは・・・もう・・・


私の改変は こう

フィージェ:・・・ライカさん・・・あいつは・・・
    ・・・・・ギルは・・・もう・・・!


びっくりマークがポイントです

本来の台本でも
「良い憔悴具合」の戦友ですが
私は この場面ではなんと言いますか
まだショックから立ち直れないってときに
彼女からの手紙が届いてメンタル崩壊しかかっている
要は 「憔悴する一歩手前」を演じてみたかったのです

そこから大泣きに泣いて 少し落ち着きを取り戻して
既に亡くなった彼に問いかけるシーンに入る
・・・そんな流れを想像していました


おそらく自分以外は
「分かんねえよそんなもん」になるであろう
そんな改変(自己満足とも)ポイントを
ところどころに混ぜてありました

本番直前、団長に
「最後の殺陣、素騎士じゃなくて
 ロードナイトで出させてもらうってアリですか?」
と提案したのも
見た目を変えて引き締めるって目的以外にも
色んなことを想像してのことでした

この辺、というか戦友のスピンオフ作品みたいなのを
ひょっとしたら作れるんじゃないかってほど色々想像してました


全部説明すると とんでもない長さの日記になりそうなので
この辺に留めておきますが
今回も素敵なお話 素敵なキャラクターを演じさせてもらって
本当に感謝しています

劇団員として役割がもらえる限り ログインできる限り
よろこんで参加していくつもりなので
これからも劇団うたかた月夜、よろしくお願いしますっ











・・・ところでですけど





今回の劇に 短時間ながら登場していた
彼女が戦友宛に書いた手紙を届けにきた「兵士」
クールで妙に気に入ってます

なんか兵士にも隠れた設定ありそうだぞ!
・・・なんて考えてました。
スポンサーサイト
最近描けてないな

奏

Author:奏
 
ラグナロクオンラインは
Trudrサーバーにて、
フィージェというキャラで
ざわざわしている人の
何とも微妙な日記帳です。

カテゴリ
日記
お気に入り
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。